宮崎と鹿児島に“線状降水帯”の予測情報 20日夜から21日午前中にかけて

気象庁は20日、九州南部の宮崎県と奄美地方を除く鹿児島県で、20日夜から21日午前中にかけて、線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があると発表した。


気象庁によると、九州南部では21日昼前にかけて大雨となるおそれがある。20日夕方から21日昼過ぎにかけて土砂災害に厳重な警戒が必要。また低い土地の浸水や河川の増水や氾濫にも警戒が必要。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
火災

宮崎市本郷南方で車が燃える すでに鎮火

気象・災害

九州南部が梅雨明け 平年より2日遅く 気象庁

火災

宮崎 都農町川北下浜で激しい火災 炎が上がる

気象・災害

宮崎市で気温35℃到達 宮崎県内ことし初の猛暑日に

気象・災害

宮崎と鹿児島に“線状降水帯”の予測情報 20日夜から21日午前中にかけて

一般ニュース

宮崎と鹿児島に“線状降水帯”の予測情報 17日夜から18日午前中にかけて