四国地方に“線状降水帯”の予測情報 18日午前中

気象庁は17日、高知県、徳島県、愛媛県、香川県で18日午前中に線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があると発表した。

気象庁によると、四国地方では、18日未明から夕方にかけて土砂災害に、18日明け方から昼前にかけて低い土地の浸水や河川の増水に十分注意する必要がある。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
一般ニュース

四国地方が梅雨明け 平年より2日遅く 気象庁

ライフライン

KDDIで通信障害 四国エリアの一部で電話・データ通信が利用しづらい状況に 現在は復旧

気象・災害

松山城付近で土砂崩れ 住宅が巻き込まれる

一般ニュース

徳島 那賀町で気温35.4℃を観測 徳島県内ことし初の猛暑日に

事故

徳島市佐古五番町の国道318号でバイクの単独事故 10代女性1人けが

気象・災害

四国地方に“線状降水帯”の予測情報 18日午前中