急ブレーキで積荷の鉄骨が突き抜ける…トレーラーの運転席が原型とどめず大破 千葉の国道357号

30日11時18分頃、千葉県千葉市中央区の国道357号(東行)・ポートアリーナ前交差点付近で、付近で別件の対応をしていた警察官が大型トレーラーの単独事故を目撃した。

警察によると、東に向かっていた大型トレーラーが急ブレーキをかけた際に、積荷の鉄骨が散乱し、運転席が破壊されたという。

消防などによると、トレーラーを運転していた40代男性は救出され、病院に搬送された。救出時、意識はあり、腰の痛みを訴えていたという。

SNS上の投稿からは、トレーラーに積まれていた鉄骨がキャビンを突き抜け、キャビンが原型をとどめず大破している様子が確認できる。鉄骨の一部は道路上にも落下している。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
火災

千葉 柏市藤心で火災 黒煙上がる

一般ニュース

千葉市中央区で停電 約1490軒 東京電力

一般ニュース

関東甲信地方が梅雨明け 平年より1日早く 気象庁

ライフライン

新千葉駅近くの道路が水浸しに 千葉市中央区

ライフライン

千葉 市原市で停電 約1320軒 東京電力

事故

千葉 酒々井町馬橋の県道で車が電柱に衝突