宮崎と鹿児島に"線状降水帯"の予測情報 27日夜から28日の日中にかけて

気象庁は、九州南部の宮崎県と鹿児島県で、27日夜から28日の日中にかけて、線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があると発表した。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要。

線状降水帯の府県単位での発生予測は28日から運用予定だったが、今回の前線を伴う大雨予報を受けて、前倒しで運用が開始された。府県単位発表における初ケースとなった。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
一般ニュース

宮崎と鹿児島に“線状降水帯”の予測情報 17日夜から18日午前中にかけて

火災

宮崎 川南町川南の建物で火災 煙上がる

一般ニュース

九州南部が梅雨入り 平年より9日遅く 気象庁

気象・災害

宮崎と鹿児島に"線状降水帯"の予測情報 27日夜から28日の日中にかけて

火災

宮崎 延岡市日の出町で火災 黒煙上がる

火災

宮崎市江平東町で火災 「機械から火が出ている」